農楽塾総監督/ソプラノ

中嶋 彰子

 

シドニー大学・音楽院卒業。1990年、全豪オペラ・コンクールで優勝。同年、シドニー・オペラハウスとメルボルン・オペラでデビューを飾る。1992年にはサン・カルロ歌劇場にてヨーロッパデビューを果たし、ウィーン・フォルクスオーパーと専属契約を結んだ1999年からは、日本での本格的な活動もスタートする。2012年以降はプロデュースや演出にも力を入れ、2014年には、よみうり大手町ホールで開催された「モーツァルトハウス・ウィーン in ジャパン 2014」で総合企画監督を務め、高い評価を得る。2016年には中嶋彰子プロデュースの舞台作「夢幻能-月に憑かれたピエロ」がシオン国際音楽祭へ出演。第14回「出光音楽賞」受賞。モーツァルトハウス・ウィーン、アーティスティック・アドバイザー。2017年9月よりウィーン私立音楽芸術大学(MUK)舞台芸術学部・オペラ科独唱専攻の教授に就任。群馬観光特使。

 


 

 

農楽塾アドバイザー/バリトン

福島 明也

 

東京藝術大学卒業。同大学院、及び文化庁オペラ研修所修了。文化庁派遣芸術家在外研修員としてミラノ留学。新国立劇場開場記念『健・TAKERU』主役、市川團十郎演出新国立劇場『鳴神』鳴神上人、二期会『仮面舞踏会』レナート、薬師寺での平城遷都1300年記念オペラ『遣唐使〜阿倍仲麻呂』主役や、また'12年イギリスにて『カーリュー・リバー』、'15年ベトナムにて『竹取物語』など、国内外において活躍。「第九」ではC.デュトワ、L.マゼール、K.マズアとも共演。東京藝術大学教授。二期会会員。

 

 


 

 

総監督助手

吉田 葵
昭和音楽大学音楽学部声楽科卒業。HIROMI DANCE COMPANY にてジャズダンスを学ぶ。

15歳のときに出逢ったウィーン・ミュージカル「Elisabeth」をきっかけに、2013年にオーストリアへ渡航。2015年6月ウィーン音楽院ミュージカル科にて日本人として初めて最優秀賞でディプロム試験に合格。ヴォーカルをLenneke Willemsen氏に師事。2015年8月よりPresent-United所属。

 ウィーンを拠点にワークショップ、コンサート等に出演、活動の幅を広げている。2017年、オーストリアのWiener Festwochen並びにBurg Garsにてプロジェクトアシスタントを務める。現在ウィーン大学にて劇場学を専攻中。

 


 

2015,2016,2017年秋期

音楽担当

斉藤 雅昭
ウィーン国立音楽大学大学院ピアノ演奏科歌曲伴奏科首席修了。パッサウ国際声楽コンクール最優秀伴奏者賞受賞。国際ヨハンシュトラウス音楽祭を始めヨーロッパ各地の音楽祭に招聘される。またコルペティトール、音楽助監督としてオーストリア・シェルディング市夏のオペラ音楽祭に参加。05年よりウィーン私立音楽院にて歌曲オラトリオ科、歌曲伴奏科、ミュージカル科にて更新の指導にあたる。

日本国内での最近の活動としてはラフォルジュルネ金沢、東京春音楽祭等に出演。音楽のジャンルにとらわれず幅広く活動している。


2017年秋期
指揮者
ダニエル・リントン
オーストラリア、シドニー出身。
モーツァルトテウム音楽大学指揮科卒業後、リンツ州立歌劇場専属指揮者として活動。
その他バイロイト音楽祭、ザルツブルク音楽祭にも音楽スタッフとして活動し、歌手からの信頼を受けるピアニスト兼指揮者。
 

 

2017年春期

ピアニスト(リート / 歌曲伴奏)

村上 明美 

 

ミュンヘン国立音楽大学大学院リート伴奏科にて、マイスター・ディプ ロムを取得。2015年、宮廷歌手アンゲリカ・キルヒシュラーガーのピアニストとしてウィーンにて歌曲演奏会デビュー。これまでにオーストリア、ベルギー、イギリス等ドイツ国内外の国際音楽祭、演奏会に多数リートピアニストとして召集される。2017 年よりミュンヘン宮廷にて開催される歌曲演奏会シリーズ 「LIEDERLEBEN」では 、プロデューサー兼音楽監督を務める。同年、リート・デュオ パートナーのアンドレアス ・ブルクハ ルトとの CD デビューも予定されている。 

 


 

2017年春期

テノール (リート / ドイツ語)

マルク・メゲレ

 

ドイツ・ミュンヘン在住。 ケルン国立音楽大学音楽部オーボエ科、ミュンヘン国立音楽大 学音楽部声楽科卒業。ミュンヘン室内楽オーケストラ、バイエ ルン放送局オーケストラと共演の他、ミュンヘン・プリンツレ ーゲンテン劇場にてオペラデビュー。歌曲、オラトリオの分野 でも活躍し、これまでにシュヴェッツィンゲン音楽祭やベルガ モ・ドニゼッティ音楽祭に出演。2008 年より、男声アンサンブ ルメンバー「ノスタルフォニカー」の一員として、ドイツ各 地、南アメリカや日本など国際的に演奏活動を積極的に行って いる。これまでに、ソリストとしてバイエルン放送局オーケス トラとの CD がリリースされている。

 


 

2017年春期

イタリア語

マルコ・グラッソ

 

イタリア・ジェノバ出身。1993 年よりオーストリア・ウィー ン在住。ウィーン大学大学院日本学科卒業。2012 年よりイタリア文化 を振興する文化機関ダンテ協会ウィーン支部事務局長。これま で、ウィーン商工会議所主催イタリア語スピーチコンテスト全 国審査員、イタリア語検定 PLIDA ウィーン責任者等の他、文化振興としてイタリア大使館でのピアノリサイタル、オーストリ ア国会議事堂でのイタリア EU 議長国記念祭、国際的音楽家による講習会をダンテ協会ウィーン支部にて主催・共催してい る。

 


 

2017年春期

ピアニスト (イタリア語)

今井 寛子

 

1997 年よりオーストリア・ウィーン在住。 ウィーン国立音大大学院ピアノ演奏科卒業。日本演奏連盟主催 による東京文化会館でのデビューリサイタルを始め、"シンフ ォニー・オーケストラ・ベルリン"とのベルリンフィルハーモ ニー大ホールでの共演、中東にてテレビ中継されたトルコ・イ スタンブール国際音楽祭出演等、これまで多数の音楽祭に出 演。中でもイタリアでのリサイタルを多く行っており、2013 年よりブレシャ音楽院ピアノ教授のジェラルド・キミーニ氏と 共にイタリア、ガルダ湖にて、チェントロ・ストウーディ基金 ピアノ・マスタークラスを主催している。


 

2015,2016年秋期

指揮
中田 延亮
筑波大学医学専門学群在学中に桐朋学園ソリスト・ディプロマコースにてコントラバスを専攻する一方、指揮も学び在学中より指揮活動を開始。その後ウィーン市音楽院古楽科などで更に学び、巨匠ジャン・フルネ氏に認められ、最晩年の生徒として師事し大きな薫陶を受ける07年、ブルガリアのスタラザゴラ歌劇場でヨーロッパデビューを果たし、ドナウ交響楽団主催の国際指揮者コンクールにて第1位を受賞。
 現在はスペインに拠点を置きながら、桐朋学園大学で後進の指導にもあたるなど、国際的な活動を繰り広げている。    

 

 

2016年秋期

振付師

下川 愛帆

ウィーンコンセルバトワールを卒業。 南アフリカBaxter Theater出演。障害者でありながらも振付家であるMichael Turinskyとヨーロッパツアー。Jérôme Belの”GALA” 出演。ヨーロッパ5カ国共同企画"Rive"等オーストリア代表として参加。音楽バンドSofa SurfersなどのPV出演。徳永二男主催宮崎国際音楽祭、Vadim Rapin主催Trans-Siberian Art Festival参加。Igudesmannとの共演はMADと親しまれ世界を回る。日本では学生に向けての講演会も精力的に行う。


 

2016年春期

ピアニスト(コレペティトール)

エリック・マカニック

 

ワシントンD.C生まれ。12歳からヨーロッパとアメリカ各地でピアノ演奏者としての活動をスタート。1989年には、ファビオ・メケッティ指揮の下、ケネディーセンターにてワシントン・ナショナル交響楽団と共演し、オーケストラデビューを果たす。メリーランド大学音楽学部を卒業後、ドイツ・ヴゥルツブルク音楽大学のマスターコースにて舞台伴奏者としての単位を取得。その後、ソリストとしての活動を続けながら、11年間ニュルンベルク音楽大学で伴奏科の講師を務める。2007年より、ウィーン・フォルクスオーパーの専属コレペティトールに就任。歌手のコーチや演出稽古のピアニストとして活躍している。

 


 

 2016年春期 

オペラ演出家(スズキメソッドによる演技指導)

十川 稔

 

大阪大学文学部に学ぶ。1975年SCOT入団。鈴木忠志演出のギリシャ悲劇、シェイクスピア等を演じ、20カ国70都市に及ぶ海外公演に参加。1994年オペラに演出に携わり、錦織健プロデュース『愛の妙薬』『セビリアの理髪師』『後宮からの逃走』、米パーム・ビーチオペラ『蝶々夫人』、千住明『滝の白糸』等、モーツァルトと中心にバロックから現代まで数多くのオペラを演出。二期会オペラ研修所、東京藝術大学等で舞台演技を指導。