オーディション・マスタークラス

 

 夏期は、オペラ歌手がいつか必ず通らなければならない関門、オーディションやコンクールのためのマスタークラスを行います。特に国際コンクールやオーディションに挑戦するときに自分にふさわしい選曲の仕方やドレスコード、メイクアップなど、あるいは指揮者は審査員に質問された時に、どのように応じたら良いのかなど、歌の技術はしっかり準備してこられたものの、このような悩みで国際的な活躍に向けて一歩踏み出せない歌手の方たちのために、最新情報をお伝えすると同時に、実際にオーディション形式で歌う勉強会です。このオーディションで選ばれた歌手は秋期の塾に参加し、プロの歌手たちと共演を行うチャンスが与えられます。2018年からは、マスタークラスに日本オペレッタ研修所が誕生。第一回のワークショップでは、ウィーン・フォルクスオーパーの振り付け師、ハラルド・ベルッフ氏を迎え、オペレッタに欠かせないワルツ、ポルカ、チャルダッシュのステップの練習を行いました。

 


マスタークラス :  オーディション・レクチャー・オペレッタの生い立ち

オーディション&レクチャー:中嶋彰子、栗田康幸(アマティ)、農楽塾実行委員代表者

 

スペシャルゲスト:ソプラノの中村恵理さん、来日公演中のウィーン・フォルクスオーパーの指揮者ゲリット・プリスニッツさんとエージェントのサーシャ・ナーダーさん、

         振り付け師、ハラルド・バルッフさん


 ハラルド・バルッフさんのオペレッタ・ワークショップ


第9期オーディション

(2018年)

第7期オーディション

(2017年)

第5期 / 第3期オーディション

(2016年 / 2015年)