群馬オペラ・アカデミー「農楽塾」 Gunma Opera Academy・Noura Juku

 

農楽塾は「農」と「音楽」を組み合わせた斬新なコンンセプトの合宿型オペラ・アカデミーです。

農体験(田植えと収穫)を通じて地域の伝統や文化に触れ、豊かな感受性を養う一方で、オペラ歌手中嶋彰子を中心とした世界トップレベルの国際的な音楽家や講師陣の指導の下、次世代の舞台人を目指して知識や技術の習得に励みます。民家や公民館で若手とプロの音楽家たちが食・住を共にし、様々な経験を分かち合うことで、参加者全員が歌手として、指揮者としてあるいはコレペティトール、演出家など、舞台で活躍するアーティストとして一段と成長することを目的としています。

この勉強会には2つの大きな目標があり、1つは、トップレベルの次世代の舞台人を育てること。もう1つは、この農楽塾をサポートする地域の皆様との友好関係を向上さえ、地域文化活性化に役立てることです。

 

The Gunma Opera Academy Noura-Juku was found in 2013 by Akiko Nakajima and the local friends of a small town called Itakura in Gunma prefecture in Japan. The idea of this academy (juku) is to take time in green countryside and go deep into the basics of cultural awareness. In farming areas of Itakura in Gunma prefecture of Japan, there still exists old festive traditions connecting farming with culture. The participants have the chance to get in touch with them, while having intensive singing and stage training.

 

                       

        中嶋 彰子・ソプラノ・総監督

                    Akiko Nakajima / soprano / general director 


New 最新情報 


New 春期合宿イベントのお知らせ (2018.4.15更新)

ゴールデンウィークに行われる春期合宿がもう直ぐ開催されます!

館林市の中心にある、正田醤油本社内の風格ある文右衛門ホールにての開講レクチャーと発表会の他、街の重要建築物の一つである元秋元別邸にての文化交流会(お琴とお茶会)や楽しい田植えとピクニックが行われます。

入場無料で、どなたでもご参加いただけます。

参加ご希望の方は実行委員会にお問い合わせください。



 

ギリシャ神話で人々にインスピレーションを与えるといわれる音楽・芸術・学問の神、ムーサ。塾生ひとり一人がそれぞれのインスピレーションを得られる場になるようにとの願いを込め、ロゴには歌のムーサたちのシンボル、「竪琴」のモチーフが使われています。

 

 

In Greek mythology, mankind was always inspired by muses, the goddesses of literature and arts. The lyre is the symbol of the musical sense of these goddesses and emphasizes Noura-Juku as place for inspiration and affinity with nature.